<
啓悠舎
046-874-8830
ホーム  >  注目記事  >  啓悠通信号外

注目記事

学校休校に関する啓悠舎の対応について

政府からの要請を受け、市内の公立小中学校が3/3(火)から25(水)まで休校となることに決まりました。中学生の部活動も停止となります。このような時勢の折、一斉休校の政策そのものは妥当かと思うのですが、あまりにも急な要請で休校期間も長いため、小さなお子様がいて保護者全員が働いていらっしゃるご家庭は対応に苦慮されていることと存じます。たとえ留守番に問題の無い大きなお子様であったとしても、これから20日間以上学校がないとなると、お子様がどんな生活を送るのか、ネットやゲーム三昧の日々を過ごすのではないか、ストレスから体調を崩さないかと、ご心配は尽きないのではないでしょうか。保護者の皆様もご無理をなさらぬようご注意ください。また、まったく事前準備の猶予を与えられなかった学校関係者の皆様のご苦労・ご心痛はたいへんなものであろうと推察いたします。学校の先生方・事務方の皆様こそ、体調を崩さぬようご留意ください!

学校が休校となる中で、「子どもたちがゲームセンターなどに遊びに行っては本末転倒」などという意見がネット上で散見されます。学校も生徒たちに、「不要不急の外出はしないように」という指導をすることになるでしょう。しかし子どもが一日中家の中に閉じこもっていても、あまりいいことはありません。心身ともに変調を来す子どもが少なくないのではと心配です。学習面においては学校から家庭学習の指導が行われるでしょうが、それに十分に取り組んで成果が出せる生徒ばかりではありませんから、学習到達度の遅れも心配です。このような状況判断の中、次ページ以降にあるような啓悠舎の対応を決めました。「学校が休校になるのに、塾が授業を行うなどけしからん」というご批判をいただくことを承知の上で、完全休校ではなく、また普段通りでもない運営を行います。週に数回、数時間ずつ、塾で友達と一緒に勉強して時を過ごすことは、生徒たちの精神衛生上も好ましいことだと考えています。また小学生のお子様がいらっしゃる保護者の皆様のための一助になればとの思いから、普段とはまったく異なる時間帯での指導を行います。塾生保護者の皆様はご確認をお願いします。
詳しくはこちら【PDF】


啓悠通信号外
  • 生徒募集中
  • 啓悠舎とは
  • 啓悠舎だより
  • 合格実績

ページの上に戻る