啓悠舎
046-874-8830
ホーム  >  費用・手続きについて

費用・手続きについて

体験学習

はじめて啓悠舎の授業・指導に参加する生徒は、「体験学習生」として一定期間通塾していただき、指導内容をご理解いただいたうえで正式に入塾するかどうかをお決めいただきます。

小中学生の体験学習
体験学習を始める前に、まず「1日見学参加」をお薦めします。小学生は親子、またはお友達同士で参加してください。体験学習は開始日から月末までです。体験学習諸費として1,080円かかります。

高校生の体験学習
高校生には体験学習はありません。数学の授業を1回見学参加していただき、正規入塾が決まりましたら当月から受講料をいただきます。

各種手続き

入塾の手続き
体験学習終了後、気に入っていただけましたら正規入塾をお願いします。体験学習期間終了が近づきましたら、「正規入塾のご案内」を配布いたします。この案内に添って手続きをお取りください。

退塾・休塾の手続き
退塾される場合、所定の退塾届にご記入のうえ、退塾される月の月末までにご提出ください。すでに納入していただいていた未受験分の模擬テスト費用がありましたら、お客様の郵便局口座に返金いたします。入塾金・学期諸費は返金できませんのでご了承ください。
病気療養等の理由で、最大3ヵ月間まで休塾ができます。休塾期間の授業料は不要となります。休塾している生徒が復塾せず退塾となる場合、休塾開始日を退塾日として起算し、返金する費用がありましたら上記のように返金いたします。

費用の種類

入塾金
学年を問わず、10,800円です。再入塾の場合は無料です。

小学生の費用
小学生は単科制です。受講する科目数に応じて受講料が決まります。受講科目は月単位で変更できます。「夏休みは科目数を増やして勉強しよう」など一時的な変更も可能です。英語テキスト代、小学ぜんけん模試の受験料が別途かかります。

中学生の費用
中学生の「授業料」は、塾生全員が必修で参加する平常時の授業、春期・夏期・冬期の各講習、定期テスト対策、高校入試対策の受講料をすべて含んでいます。別途季節講習受講料をいただくようなことはありません。なお年間の授業料総額を各月に分割して納入していただくように設定していますので、その月の授業回数の多少によって月額授業料が変わることはありません。
全員必修ではないオプション講座については、別途授業料が発生します。主に中3で実施いたします。内容・日程・費用など、その都度ご案内いたします。
授業料の他に、教材費・通信費・施設維持費・光熱費等の雑費として諸費がかかります。年間を3期に分け[4~7月、8~11月、12~3月の各学期諸費]として分納していただきます。
中学生は模擬テストに参加します。中1・中2は年間3回、中3は年間9回受験します。この受験料がかかります。

割引制度

兄弟姉妹割引
塾生および塾生OB、OGの兄弟姉妹が入塾される場合、入塾金は無料となります。さらに中学生の兄弟姉妹が同時在籍する場合に限り、2人目からは授業料が3,240円割引となります。

生徒紹介割引
啓悠舎にはじめて参加するお友達をご紹介いただくと 1名につき5,400円を翌月のご請求金額から割引させていただきます。
ただし体験学習期間の途中でご紹介いただいた生徒がキャンセルされた場合は対象となりません。
また、ご紹介を受けた方が入塾する場合、その方の入塾金も5,400円割引させていただきます。
塾生および塾生OB・OGのご兄弟は割引の対象とはなりません。また過去に塾生であった生徒や体験学習に参加した経験がある生徒も紹介割引の対象とはなりません。

中学生の特待生割引
以下の基準を満たした中学生は、特待生割引の対象となります。ただし学習姿勢が特待生として相応しくないと判断する場合、および2ヵ月分以上の未入金がある場合などは特待生割引の対象とはなりません。
前期成績で[5科24/25以上かつ9科40/45以上]を満たした場合、10月~3月までの6ヵ月間、月額授業料が3,240円割引となります。また中1・2生が後期成績で上記の条件を満たした場合、翌年度4月~9月までの6ヵ月間、月額授業料が3,240円割引となります。
前期の成績が7月に発表される中学校・学年がありますが、特待生割引の期間は上記と同じです。中3生は「前期仮評定」が発表されますが、特待生割引の対象とはなりません。

hiyou.jpg


  • 生徒募集中
  • 啓悠舎とは
  • 啓悠舎だより

ページの上に戻る